知識のある方が通信教育や通学講座を受講するケース

最も合格の可能性が高いのがこのケースです。
法律の基本的な解釈を理解している上、通信教育や通学講座を受講して、
効率的な勉強をするのですから、かなり有利に勉強を進めていけます。

上手くいけば、600時間くらいの勉強時間で、
社会保険労務士に合格できる可能性もあります。

それでは何故、知識のある方が通信教育や通学講座を受講すれば、
有利なのか説明していきます。

何となく理解できている人はいると思いますが、
具体的に答えられる人はあまりいないと思いますので、
しっかりと読んでください。

まず、通信教育や通学講座の一番のメリットは、 講義が聴けることです。

講義が聴ければ、その法律の背景や事例なども説明してくれ、
深く法律を理解でき、様々な問題に対応できるようになります。

その上、見る、聴くという五感も使うので、
記憶にも残りやすくなります。

そうした中で、もともと法律の知識がある方が勉強すれば、
他の人が何回も講義を聴いて覚えなければいけないのが、
わずか数回の講義を聴くだけで、問題を解く力が付いてしまいます。

また、出題範囲を絞って勉強するので、
通常よりも覚える量が少なく、その分何度も復習できてしまい、
確実性も身に付いてきます。

後は、多くの問題に触れて、解答力を付ければ、自然と合格できるだけの
レベルに達してしまうのです。

つまり、土台である知識が身に付きやすいのです。

これは、知識あるないに関わらず、社会保険労務士に挫折するほとんどの人は
知識が理解できないことが原因です。

独学だと、テキストだけで勉強するので、
文章から全てを読み取ることは容易ではありません。

しかし、通信教育や通学講座は、その挫折の原因を取っ払ってくれます。

もちろん、通信教育や通学講座といえども、完璧ではないですから、
挫折する人だっています。

ただ、独学に比べれば、圧倒的に数が少ないのです。

社会保険労務士の試験に挑戦する上で大切なことは、通信教育や通学講座、独学といった
勉強法ではありません。

試験に合格することです。

だったら、目的に達するために最善の手段を選ぶのがベストな選択です。

お金はかかりますが、試験に合格して社会保険労務士になれば、
十分に回収できる額です。

是非、通信教育や通学講座を一度検討して見て下さい。

続き⇒社会保険労務士の勉強法

>>社労士の勉強時間を最短にするには教材選びが大切!

通信教育トピック

フォーサイト

教室で聴いているかのような臨場感のあるDVD講義が自宅体験できる。
さらに広告宣伝をしない分低価格を実現!
●受講料:37,800円~